2014.02.18 山歩きその2
お釜のあと、更に天気のいい日があったので、またちょいと山へ

1kinomis.jpg

雪の中での紅色はよく映える

尾根に出ると

1hamaguri-s.jpg

スッキリとした空気があたりを包んでいる

やわらかな新雪を踏みしめながら直登するが、西の空に分厚い雲を確認したので途中で諦め写真を一枚

1sasayazen-s.jpg

残念ではあったが気持ちのよい山歩きだった。
スポンサーサイト
2014.01.26 リベンジ
先週、深い霧に包まれて勇気ある撤退をした蔵王のお釜ツアー
週中くらいから気にしていた天気予報が、金曜日は天気が良くなるかもしれないとの事で

行って来ました金曜日!

1.jpg

予報どおりの晴れにテンションMAX 
いつものようにスノボを引っ張りながら登って行きます

樹氷も大きく育ち

1rex2.jpg

まるでティラノサウルス(REX)のよう

それまで静かだった風も、稜線に近づくにつれ強くなってくる
稜線に出ると、いっそう風は強くなり、歩くたび雪が舞い上がる

1hito2.jpg

歩けないほどではないので、そのまま刈田峰神社を目指す

1kattahito2.jpg

神社に到着

1jinnjya2.jpg

さすがに1月とあって例年の3月より雪の量が多い
強風に晒され、へばりつくように雪が包んでいる

山頂からは朝日連峰、吾妻連峰、飯豊連峰が良く見え、素晴らしい一日となった

*冬山はきちんとした装備と安全対策をしてください。登山計画書の提出も忘れずに
さて、久々の更新です。
まずは、グリバーさがえでのスノーモービル

敷地を一周する体験をしてもらえるように考えています。
今の所、積雪がいまいちなので、実現はまだ少し先のようです




続いては、18日のB・Cスノボ

下界では結構天気が良かったので、お釜でも行ってみるかと出かけてみた
1300m位までは視界が効いていたのだが、1400mを過ぎると極端に白くなった
まぁ、なんとか自分の位地が把握できるので、登り続ける

DSC_0161s.jpg


1500m位までくると、視界は20m以下
地形もぜんぜん判らなくなり、なんちゃってホワイトアウト状態
育ち盛りの樹氷を写真に撮るも、ご覧の通り良く判らず

DSCN3362s.jpg

このままでは迷子になりそうだったので
スノーシューからスノボに履き替え、一気に山を下った

DSCN3363as.jpg
2013.10.18 秋の山歩き
今日は天気もよかったので
山形市の南東に位置する蔵王連邦に行ってきた。

駐車場から出発しようとすると、進行方向の尾根に宮城の消防ヘリがホバリングしている。
救急車も1台パトカーが2台消防署の四駆が2台停まっている。

事故か事件かドキドキしながら一番手前にいたおまわりさんに聞いてみると
「登山中に具合が悪くなったと通報があってねぇ」とのこと

熊でも出たのかと想像していた私はいろんな意味でホッとした

気を取り直して再出発

途中で陸上から救出に向かった救急隊員とすれ違う
仕事とはいえ大変だなぁ・・・
すれ違いざまにお「ご苦労様です」と口から出てしまった(笑)

七ヶ月ぶりの山歩きなので、ゆっくりと時間をかけて歩きます。
片道約5km
眺めのいいところで昼食
マッタリと過ごした後
また時間をかけて帰路に着いた


4月21日(日)
月山スキー場のオープンに合わせて、月山登山に行く予定だった。
朝6時に目を覚ますと表は真っ白
これでは月山に登っても何も見えずつまらないと判断し、月山行きを中止する

これで何もしないのも芸がないので(本当は自分がじっとしていられないだけ)標高の高くないところへ
お気軽トレッキングに出かける計画をするとみんな乗ってきたのでいそいそと準備をした

、雪の降り続く中をスタート
どう見ても4月の景色ではない!

DSC_0026s.jpg


少ないところでくるぶし上まで、多いところは股下くらいまで新雪が積もっている

DSC_0027s.jpg

あまりにも雪が降っているため、非難小屋で昼食
至福の時!

DSC_0028s.jpg

3~40分ほど休憩し山を降りた

DSC_0030s.jpg