昨日、月山に登ろうと思い”ひよあき氏”を誘って出かけました。
目指すは羽黒側にある月山レストハウス。
レストハウスは8合目にあり、ここまで車でいけるので実際に山登りをするのは2合目分(高低差400mくらい)なので、マッタリと写真を撮りながら登る予定だった。
三合目付近を走行中一台のバンと擦れ違う。
なんとなく役所の車っぽい。
四号目に付くと・・・・・・なんとゲートが閉ざされていた。
ゲートには《ここより先は冬季閉鎖の為、10月20日午前10時より閉鎖いたします》の看板が!
時計を見れば10時14分、と言う事はさっき擦れ違った車がゲートを占めに来ていた車だった。
どうしようもなくなったので、麓の月山ビジターセンターに立ち寄る。
職員の方に聞くと20日閉鎖が決まったのは前日の19日らしく、15日を過ぎるといつ閉鎖になってもおかしくないので要注意なのだとか。

今から志津温泉側に戻っても時間的に頂上へたどり着くのは無理なので、”羽黒山と湯殿山をお参りするツアー”に変更した。

まずは羽黒山の出羽神社へ。
道路の案内の通りに進んでいったら、有料道路を通りほぼ山頂の駐車場にたどり着く。
本来なら、一時間ほどかけて麓より参道を登り、お参りするのが望ましかったのだが、着いてしまった物はしょうがなく、数件ある茶店的な物をシカトして神社を目指す。
駐車場から歩いて5分で三神合祭殿に到着、早速お参りをしておみくじを引いてみる。
結果は・・・なんとも微妙な物だった。まぁ良い方に考えるとしよう。

次は湯殿山神社へ
湯殿山参籠所わきの駐車場へ着いて昼食を取り、本宮をお参りに行く。
車でいけるのはここまで。
あとは往復300円払ってバスで行くか、歩きになる。
山歩きを目的にしてやってきた僕らはバスを利用するなんて言葉は言えるはずもなく、
当然”徒歩”で参拝した。
20分ほど舗装路を登ると本宮登り口につく。
そこから更に石段を登ると、本宮入り口がある。
入り口でお払いを受けないと本宮内には入れないのだが、団体客がいて混雑していた為すぐには参拝せず、本宮入り口から月山へ続く登山道を登り始める。
案内板では山頂まで3時間とあるが、今から山頂に行ったのでは山頂からおり始める頃には日が沈んでしまうので、切りの良いところで折返し本宮をお参りした。

本宮の内容は”語らざる”のが掟らしいのでここでは語らないようにします。
ただ、神々しい場所であったのは間違いありませんでした。

次回は月山登るぞ~!


スポンサーサイト
17日(日)
秋田県の生保内でプリオンカップ北日本大会が開催され、我がスポ少からも2名ほどエントリーしたので行って参りました。

まず、現場に行ってみるといつもの所にコースが設定されていないではありませんか!
これはおかしい、日にちを間違えたか?と思ったのですが、
確認を取った所、少し前の大水がでた時にコースが抉り取られてしまい、エディ(川の流れの中で水が停滞または逆流している所)がまったくないので下流まで”バイバイキ~ン”になってしまうとの事。
急遽、発電所の放水口横にある、ほぼ流れの無い所にコースが設定してありました。

開会式の後、フリー練習をしてから競技が開始されました。
種目はスラロームのみで、カテゴリーがk-1、女子k-1、c-1、女子c-1、c-2、oc-1。
午前に1回、午後に1回トライして良い方のタイムで順位が決まります。

うちのスポ少の子供達は2名ともにk-1に出場。
結果、東海林 大選手(小学6年生)が小学生の部優勝、加藤優貴選手(中学2年生)がクリーンラン賞(ノーミス)を貰って帰ってきました。

佐々木翼、優兄弟は全競技、マリリンさんちの佐々木兄弟は3種目にエントリーしており、
午前午後を合わせると六本以上漕ぐと言う相変わらずハイパーぶりを発揮しておりました。

全リザルトはアオキカヌーのHPで発表されると思いますのでこちらをチェックしてみてください。

閉会式も笑顔に包まれて終わる事ができ、選手も役員も充実した面持ちで帰宅しました。
皆様お疲れ様でした。


週末の土、日、月(祝)とお友達ダイバーさん達のお誘いでトレッキング&キャンプに行ってまいりました。
トレッキングは任されていたので、色づきはじめた蔵王がいいかなぁと思いながら、ちびっ子もいるのでコース選定を慎重にして、刈田~熊野岳~仙人沢にしようかなと思っていました。
土曜当日、予報では一日天気が持つはずだったのに、なんと”雨”
これでは楽しいトレッキングにはならないと判断して、トレッキングは中止にして宮城のきつね村へ。
PA096092s.jpg
沢山のきつね達がお出迎えしてくれました。
が、
ちびっ子達は・・・
PA096088s.jpg
PA096087s.jpg
うさぎに御執心の様子。

たいして動物の種類は多くないけれど、やっぱり触れ合えるのが楽しいみたいで、園内一周するのに30分程度の施設に、一時間以上滞在した。〈ほとんどうさぎと戯れ〉

一向にやむ気配のない雨の中山形へ引き返す。
目指したのは西蔵王。

屋根のあるところでバーベキューをして遅いお昼ご飯を取った。

昼ごはん終了後、女性陣は雨の中のキャンプはきついと言う事で帰宅。
男性陣だけで、その夜はキャンプをした。

雨は依然と降っている。
夕方、買い足した食糧と酒とを焚き火を囲みながら舞ったりと食す。
少し肌寒いなか、フリースを着込むとなんとも言われぬ暖かさに包まれ、アルコールの力も加わってか
ついウトウトし始める。
22時
締めのうどんを食べて消灯となった。

翌朝
PA106130s.jpg
雨は上がっていた。

前日中止になったトレッキングは最終日にする事になったので、
日差しも出てきた事だし、普段運動をしていない男性陣のために予行演習するということで千歳山に登ることにした。

コースは個人的に一番楽しいと思われる万松寺コースを登り、下りは千歳山稲荷を通り、こんにゃくやさん前まで。
しかし、何回登っても万松寺コースは楽しいですね!
お気軽なわりに
PA106141s.jpg
こんなとことか・・・
PA106142s.jpg
こんな所もあって

お昼過ぎには下山し、お風呂に入ってから友人の赤ちゃんが生まれたと言うので、お見舞い?がてら赤ちゃんを見に行って来ました。

今は埼玉在住の夫婦、出産のために里帰りして、市内の某病院での出産。
今日は、旦那も来ているということでみんなで押しかけた。
母子共に健康なようで、ホット一安心。
赤ちゃんは・・・どっちに似てるんだろう・・・う~む
となりのおじさんとかに似ていないことを祈ります。(笑)
しばらくすると嫁さんのお父さんがいらしたので、病院をあとにした。
ここで私は夜に予定があったために離脱しました。


家に帰り風呂に入って休憩していると突然電話が!
それはカヤックの友人”イシケン”氏からだった。
「今家の前についたんですけど、渡したい物が・・・」とのこと。
早速上がってもらうと、
「これ、開店の記念に!」
と渡されたのが
《漕快》と描かれたものが額に収まっていた。

これは、わざわざ知り合いの書家でもあり、画家でもある人に描いてもらってくれたらしい。

黒地にグラデーションのかかったライトブルーで漕快と描かれている。
書いてあるのではなく描かれているのである。
そう、きわめて絵画的に。

今回はあえてせ写真を載せないので、見てみたい方は店に遊びに来てね~

イシケンさん、心のこもったプレゼント本当にありがとう!
店の工事が終わったら一番目立つ所に飾るからねっ!!


店の改装の大工さんでもあり、カヌーの友人でもある千葉工務店のちばさん。
その千葉さん所有のライブハウス兼宴会場兼遊び場の”山小屋”
毎年、この時期に東京からフラメンコの先生達を迎えてフラメンコライブが開かれる。
この日がそのライブの日で、わがスポ少メンバー数人と観に行ってきた。
PA106151s.jpg
ギターと歌声と踊り手が刻むステップの音が見ているものを包み込む。
ある種独特の世界に引きずり込まれる感じだ。
あっという間に時間が過ぎていく。
PA106177s.jpg
踊り手の方から主催のちばさんへ花束が渡されライブは終了した。


最終日
雨の中、寒河江でキャンプしていた一行に合流する。
私がキャンプ地に付いたときには、雨は上がり太陽がコンニチハしていた。

夜はかなり雨が降ったらしく、女性陣は管理塔の2階に避難させてもらったらしい。
男性陣は雨の中テントで・・・・・・・・・・・・・・だったらしい。

まずはテントをしまう前に乾かしたいという事だったので、日の当たる場所にテントを移動し11時まで待ったりとすごした。

その後、ぬかるみそうだからと山岳トレッキングをやめて、山寺に。

山寺からトレッキングを開始する。
目的地は面白山。

林の中に作られた面白山に通じる林道を歩く。
道端にはいろんなキノコが生えていて、秋を実感させてくれる。

しばらくすると紅葉川渓谷に沿って作られた遊歩道の入り口に出くわす。
ここからは景色の良い渓谷の中を川沿いに登って行く。
PA116202s.jpg
暑くも無く寒くも無くまさにトレッキング日和。
紅葉川渓谷と呼ばれるだけあって、紅葉の時期には物凄く鮮やかな色彩を放つ渓谷なのだが、
まだ、その時期ではないらしい。
今月末か、来月始めくらいが見頃かもしれない。

PA116206s.jpg


遊歩道を半分歩いた所で昼食。
PA116195s.jpg


山で食べるご飯はとっても美味しい。
コンビニのおにぎりもワンランクUPしたように感じる。
持って行ったZEROコーラがふたを開けた瞬間に泡を吹いてしまったのはだった。

昼食後も快適に川沿いを歩く。
PA116207s.jpg

橋を渡ったり

PA116215s.jpg

岩盤の上を歩いたり

PA116205s.jpg

午後3時過ぎに面白山に到着

コスモス畑を見学して紅葉川渓谷をあとにした。

PA116218s.jpg

PA116221s.jpg

ご一緒した皆様楽しい3日間でした。ありがとうございます。
また紅葉を見るトレッキングでもいたしましょう。

イシケン様、お忙しい中お越し頂き、また素晴らしい物を頂戴した事本当に感謝しております。
これからもよろしくお願いします。

ちば様、フラメンコ素敵でしたよ!
また来年もぜひ開催してください。
お誘い頂きありがとうございました。