4月24日
馬見ヶ崎川において、カヌースポーツ少年団と漕快亭の共催によるカヌー体験試乗会を行いました。
この試乗会はなかなか普段接することの出来ないカヌーに乗ってもらい、水のスポーツ、レジャーの普及を目的としています。

朝6時には前日からの雨も上がり、時折太陽が顔を覗かせる絶好のコンディション!・・・とはいかず
本部テント、着替えテントが風で飛ばされ再起不能になったりとアクシデントもあったのであります。

桜も咲き始めたばかりで花見客はゼロでしたが、それでも各回でそれなりに人数が集まり和気藹々と試乗会を楽しんでもらうことができました。

午前中には山形県カヌー協会の加藤理事長も遊びに来てくれて、試乗会を盛り上げてくれました。

次回は5月8日です。
お時間の許す方はぜひご参加下さい。




スポンサーサイト
モンベルのトレッキングポール
”Tグリップアンチショック”が入荷になりました。

P4227270s.jpg

一本で使うタイプです。
持った感じはすこぶる軽く、地面をついた感じは適度な硬さのショックコイルのおかげでマイルドです。
これなら長時間使っても関節への負担は軽いだろうなぁと素直に思いました。

Tグリップ アンチショック 定価4300円
TグリップSアンチショック 定価4200円
17日(日曜日)
天童市にある水晶山に行ってきた。
メンバーは山ガール2名とプチ山ガール2名

六角堂まで車で登ったのだが、途中の道路には雪で折れた枝が散乱していてとても走りづらい。
キチンと生えている木も枝が道路に向かって生えていて道路の半分を占有している。
そんな中をバリバリと音をさせながら車で登っていった。

六角堂から上り始める。
初めのほうが急斜面になっていて一気に高度を稼ぐ。
プチ山ガールがいるので、こまめに休憩を取りながらゆっくりと登っていった。
見晴台まで来ると比較的なだらかな登山道になる。
まんさくの花が咲き春の訪れを教えてくれる。

写真などを取りながらのんびりと登っていく。

一時間半ほどで頂上につく。
頂上は畳4畳ほどの大きさで、周囲が切り立った崖になっており立ってうろうろすると高所恐怖症の人はおしりがキュッ!となってしまう。
そんな所で、お湯を沸かしみんなでお昼ご飯を頂く。
ご飯を食べながら眼下に広がる大パノラマを楽しむ。

日差しは暖かく、とっても気持ちの良い昼食タイムだった。





*お湯を沸かしている間に神洞(おおあな)を見てきたが、水晶山の語源になった水晶は幾多の登山者などに削り取られてすっかりなくなっていた。
2011.04.15 本物の逸品
国内で生産されている職人さんによる手作りのオイルストーブとオイルランプの取り扱いが始まりました。

いわゆる”本物の逸品”です。

アウトドア用品からご覧下さい。

オイルストーブは店内にて稼動中ですので、本物が見たい方はお気軽にご来店下さいね
2011.04.05 春の三吉山
3日の日曜日、新しい仲間のKさんとカナカナさん、私の三人で三吉山に行ってまいりました。
天気は曇りときどき晴れ。
一時、ほんのりと雪が降りました。
だけど思ったほど寒くはありませんでしたね!

Kさんは本当に久しぶりの山歩きだそうで、すこ~し不安そうでしたが、歩き出せばなんのその!
結構楽しんでおられたようです。

カナカナさんもいいペースで歩いていました。
去年とはえらい違いです。

ところどころ雪が残っていましたが、ほぼ春がやって来ている感がありました。
枝や、落ち葉の隙間に新しい芽もしっかりと芽吹いていてなにやら力強さを感じました。




山頂の小屋で昼食を取り下山。

場所を移動してフキノトウ採取です。

フキノトウを前にKさん、カナカナさん共にだんだん口数が減っていきます。
仕舞いには二人とも無言で黙々と採取していました。

20分くらいでそこそこ収穫できたので、最後の締め”温泉”へ

今回うかがったのは、新しく出来て間もない沼木温泉”辻ヶ花”
入湯料350円を払って中へ

お湯は無色透明でちょっとしょっぱい。
結構温まり湯で湯上りの肌もすべすべでした。

また行きたいと思う温泉でした。

Kさん:久しぶりの山歩きお疲れ様でした。フキノトウは美味しくいただけましたか?
    これに懲りず、またご一緒いたしましょう!

カナカナさん:なかなか良い歩きっぷりでした!次はもうすこし距離を歩いてみましょう!
       鐘を突いた後の行動はカナカナさんらしさがよく出ていますね!