上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22日はスノボを持ってトレッキングしてきました。

世間ではこれをバックカントリーと呼ぶようですが、
前日の21日に中古のスノボと言うオモチャを3,000円で手に入れたばかりなのでそんなに大層なものではありません。

スノボを担いで林を歩き

P1220293s.jpg

ちょっとした坂を見つけては滑って遊びます!

P1220287s.jpg

DSC01404s.jpg

トレッキングが主目的なのでザックを背負ったままのスノボになりますが、
初めての割には(二人とも)思っていたより滑ることができてことのほか楽しかったですね!
はまりそうな気配がプンプンと・・・

ひとしきり汗を流した後はコーヒータイム。
P1220291s.jpg
至極のひと時です。

コーヒータイムで使う豆は毎回出発する前に粉にしてますので香りは抜群です。
厳選された(?)コンビニのお菓子をチョイスしてお茶うけにしてます。

休憩の後はザックをおろして少し急な斜面で滑ってみました。
DSC01374s.jpg
ここは夏場は階段状になっている所。
写真では分かりづらいですが、結構急で最初はビビりました。

山歩きとスノボで汗だくになりながら夕方4時に終了。
下山途中、久しぶりの雲海が目の前に現われました。
P1220295s.jpg
気分上々の一日でした。
ご一緒いただいたTさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2012.01.17 Jonda
15日(日)
カヌースポーツ少年団Jondaの2012年の活動が始まりました。
この日は各自今年の目標を発表しあい、そのあと座学といった感じ。
P1150276s.jpg
内容的にはスラロームを練習するに当たり覚えなければいけない基本的なことをおさらいします。
P1150280s.jpg
こんな感じ!

今週末からは川で練習開始です。
みんなにとって良い一年になりますように・・・


その前にちょいと山歩きを!

P1080235s.jpg

里山ではありますが、お気軽尾根歩きが楽しめる場所です。
P1080251s.jpg

一番奥のピークには三角点が存在します。
P1080253s.jpg

どこだかわかりますか?
ヒントはこの画像
P1080261s.jpg

皆さんが知っている山が写っております。
解った方はコメントください。
きっといいことが・・・あるかも!

往復2時間半の心地よい山歩きでした。
遅ればせながら・・・

あけましておめでとうございます


実は・・・
年末からハードディスクの調子が悪くソフトが立ち上がらなくなっておりまして(涙)
元旦からはJPEGさえ認識しなくなり・・・(大粒涙)

3日に新しいハードディスクを購入し再セットアップするもオンボードのハードウェアのドライバがインストールできず・・・などなどいろいろと障壁がありましたが、
やっと昨日セットアップを完了し、本日ブログをアップできるようになりました。

ゆえに住所録を開くことができず年賀状を出すことができなかったので、本日寒中見舞いと言う事で発想させていただきましたのでご了承ください。

さて、今日は全国的に成人の日でありますが、我が漕快亭には成人式に関係のあるお客様は皆無でありまして、
わたしとしても、”振袖”というより”無い袖は振れぬ”といった感じですので単なる祝日でしかありません

そんな中ではありますが、
本日縁あって出羽三山神社の方々から店に来ていただき、ほら貝を吹いて店を清めていただくことができました。
P1090273s.jpg

関係者の皆様本当にありがとうございました。
これで商売繁盛間違いなし!・・・だといいのですが



パソコンがうまく動かないので年末年始は修理にほぼかかりっきりにはなりましたが、
何もしなかったわけではございません。

2012年元旦 AM5:00より初日の出を観ちゃおーかなぁツアーをしてきました。
登り口に着くとあたりはまだ真っ暗
急いで支度をしてヘッドライトとランプの光を頼りに登り始めます。

AM6:00近くになると空がうっすらと光を帯びてきます。
真っ黒だったのが群青色になり濃いブルー、ブルーを経て水色に変わっていきます。
尾根に出ると空気がすっきりとしているせいか、太平洋まで見渡すことができます。
日が昇り始めた水平線はオレンジ色に輝いています。
まだあけきらない空とオレンジの水平線のコントラストはことのほか綺麗でした。(うまく写真にできなかったのが心残りですが)

コーヒーを沸かしてしばし休憩。

あついコーヒーをすすりながら太陽がだんだん高くなるのを見届けます。
日が高くなるにつれ大気はなおさらスッキリ感を増し、遠く牡鹿半島まで見ることができました。

光に感動し、風景に感動し、熱いコーヒーに感動しAM8:00に下山し始めました。

そのまま温泉に直行したのは言うまでもありません。

*冬山は経験と装備が無ければ死ににいくようなものですので、装備だけでなく十分な登山計画と経験者の同行をえて安全を十分に確保しながら楽しく登りましょう!




遅くなりましたが、
本年も漕快亭をよろしくお願いいたします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。