2012.03.27 春はまだまだ
日本列島、場所によってはかなり春めいてきているらしいので
山形での春を探しに山に行ってきた。

小雨ぱらつく中 登山口まで車を走らせる。
標高600m付近の登山口に着くころには、雨は雪に変わってあたりの空気は白く濁っているように見える。

ここはこの冬一番多く登ったコース
雪が降ってからこれで6回目となるが、なかなか飽きずに楽しめるコースだ

1時間ほど登ると風は強くなってくるものの、雪は収まり少しだけ歩きやすい天気になる
(これで太陽が出れば文句ないのだが
途中、一か所だけ沢に落ちそうになる所があるので登る場合は気をつけていただきたい

尾根にとりつくとかなり風は強くなり、地面にある今日降ったであろうサラサラの雪が舞い上がる
3月末だというのに結構寒い

装備は厳冬期と同じ装備なので最初の登りでは汗をかくほど暖かかったが、尾根を歩く分には決して大げさな装備ではないことに気づく

しばらく尾根を歩くと西の空に分厚い雪雲があることに気づく
雲の高さといい、厚さといい「これは来るなぁ」と確信したのでそれ以上先に進むことをあきらめて来た道を引き返した

引き返してから約20分
尾根に出たところまであと数分というところで雪が降り始める
次第に雪は激しさを増し吹雪へと変わる
「真冬とかわんねぇ~なぁ」と思わずつぶやいてしまった

尾根から少し標高を落した風の当たらない雪のくぼみで昼食をとる

お茶を飲み、しばらくまったりしていると吹雪も収まってきた
今回は志半ばで引き返したので、いつもとは違うルートで登山口まで下ってきた

そうそう、今回の本題の「春」は
下山途中で見つけた新しく芽吹いた木々に見ることができた
あれだけの吹雪がいまだ吹き付ける中、確実に植物は春を迎える準備を行っていたわけだ
あとひと月もすれば一斉に眩い緑が山肌を占領するのは間違いないだろう


スノーシューを履いて本来の登山道にこだわらず山登りできるのはあとわずか・・・
悔いのないように楽しみたい


スポンサーサイト
2012.03.06 蔵王BC
3月4日

朝、目を覚ますと前日の予感が的中!
空は真っ青で雲ひとつありません!!

念のために天気図を確認・・・絶好の気圧配置ときてます
「これは行くしかないな」
と、本来の低山トレッキングの予定を急きょ変更するべく確認をとるとOKの返事

で、行ってきました!
蔵王バックカントリーツアー

蔵王の刈田岳まで登り、お釜を眺めそこからスノボで降りてきます。

登り始めて30分
ふと後ろを振り返ると、葉山、月山、朝日連峰、飯豊連峰、吾妻連峰が一望できるではあ~りませんか!
思わず「ウォーッ!!」と叫んでしまった

樹氷原にたどり着くと、山の雰囲気はガラリと変わる
肝心の樹氷はだいぶ溶けかかっていたが、刈田岳直下付近ではまだしっかりと形を保っていた

ほどなくして刈田岳山頂に着く
雪に埋もれた刈田嶺神社を参拝し、お釜を眺める(どんだけ~とかまぼろし~と言うボケはいりませんので念の為)

雪を被ったお釜は・・・
やっぱり夏のほうが趣があるかなぁ・・・

ひと休憩し、スノボで下り始める

ちょっと急な斜面を滑り始めたとたんにコケてしまった

ちょっと恥ずかしい

あわてて起き上がろうとするも
スノボを履いたままでは起き上がれないことに気付く
そう、コケた理由と起き上がれない理由は一緒
ザックが重すぎなのだ!

緊急ビバークセットやら予備の防寒着やらスノーシュー・・・
余裕の10kg越えを背負ってのスノボは予想以上に難しいものでした

それでも多少は慣れるようで、時間がたつにつれなんとか滑れるようになってきた
ピーカンの青空と真っ白い山肌を風を切って滑って行くのはチョー気持ちいい!

スキー場のように人混みがないだけでも素晴らしいのに、雄大な景色の中を自由に滑れる素晴らしさはバックカントリーでなければ味わえない素晴らしさだ






ザックの重みで膝が悲鳴をあげ始めたころ、出発地点にたどり着いた

これで春のバックカントリーツアーに向けての前哨戦は終了
大変な思いはしたものの貴重な経験ができたので大成功ではないだろうか

次回までに荷物を軽くできるような工夫を考えなくては!
2012.03.03 特別輸入販売
いまだなお人気の高いオプティマスのハイカー+

輸入されなくなってから2年経ちますが、問い合わせが後を絶たないようです。
そこで

受注した分だけ輸入することになりました。
ほしい方は3月8日までお申し込みください。


ハイカー+_xlsx_01

多くの登山隊に支持されてきた名品を手に入れるチャンスです。
お問い合わせお待ちしております。