上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タキタロウ祭りに合わせてキャンプ&カヤックを楽しんできました。

まずは、前日から現地に乗り込みキャンプをして夜を明かします。

現地ではいつもの顔ぶれがテントを立て、焚き火をたいて宴が始まっておりました。

下の写真はうちの店を立ち上げる時にお世話になった某産業創造支援センター前所長のA氏
P5270041s.jpg
何か商売でも始めたような格好でダッジオーブンを駆使しながらせっせと料理を作っておられました。
おすそわけもいただきありがとうございました。

一通り挨拶をしてから自分らも宴の準備をして、自然に抱かれながら焚き火とビールとつまみを楽しみました。

翌日、朝から強い日差しが照りつけています。

今年は例年になく良いお天気で、いつもなら長袖のパドリングジャケットが必要な気温であるのに、
半そででなければ暑くてたまらないほどの日差しでした。

カヌーの体験にもたくさんの人が訪れており、お祭りはまさに大盛況!

新緑の景色と、透明度の高い水と、雪解け水の流れと、水中で咲いている水芭蕉と・・・・前日のビールをしこたま楽しんできました。





一番最後の写真は水深2mくらいの水中で咲いている水芭蕉です

帰りには月山筍と山菜をゲットしてきたのは言うまでもないでしょう

また来年もきっと行きますねぇ~!
スポンサーサイト
20日日曜日
カヌースポ少とのコラボ企画
≪カヌー無料体験会≫を開きました。
当日は朝からいい天気!
最高予想気温も28℃と水遊びには最適な感じ

体験会開始の10時になる前から人が集まり始め
初めから最後まで満員御礼状態
P5200007s.jpg

3歳から60代まで約70名が参加してくれました。
P5200022s.jpg

P5200010s.jpg

中には午前と午後と参加してくれたつわものも10名近くいて延べ人数で80名越えと大盛況となりました。

好天も相まって水の上にはいろんな笑顔と歓声が飛び交っていたのは言うまでもありません。
この日参加してくれた人の中から一人でも多くカヌーを楽しんでくれる方が出てきてくれればなぁと願いながら
体験会は終了しました。

次回は 7月22日です!

たくさんのご参加をお待ちしております。


追加・・・・・・・・

前日夜から荷物の搬入を行ったので、河原で夜通しの荷物番です。
P5190001s.jpg

大量のビールと日本酒が消費されたかどうかはご想像にお任せします
まずは告知から!

来週の日曜日(5月20日)と7月22日にカヌーの無料体験会を行いま~す!!

保険料の200円を握りしめて遊びに来てちょ~だいませ

 詳しくはこちら→ カヌー無料体験会


さて、本日はまずまずのお天気と言うことで、雪解けした山の登山道をチェックしてきました。

今年は雪が多かったので、やっと普通のトレッキングが可能になったばかり
雪が解けたばかりの登山道はどんな感じだろうと登ってみた

登っていくと日差しは温かいものの、結構な強風で体が冷える
山の斜面にはまだ雪渓が点在している

尾根に出るまでに斜度30~45度強の斜面に残っている雪渓を300mほどトラバースしなければならないところがあり、トラバースが苦手な方や滑落が心配な方はここで戻っている

雪はしっかりとしているが、高所恐怖症の人はちょっとむりかな

雪渓を超えると尾根に出る
足元は悪くない

トラバース以外はほぼ夏と変わらない時間で頂上まで登りきることができた

ただ、雪解け水が登山道を流れており、結構泥でビタビタに汚れてしまうことは覚悟しなければならない

心配な方は来月以降にチャレンジを!




2012.05.10 GW
4月29日
リバーカヤックの講習
WさんとTさんにご参加いただきました。
練習場所はいつもより水量が多く、フェリーの練習をするにはもってこいの環境!
久々にカヌーに乗る両氏も気合が入ります。

P4290008s.jpg


ひとしきりフォワードで体をほぐし、流れを使った練習に入ります。
ますは流れの緩やかなところでのフェリー
だんだん上流に移動しながら流れの強さを変えていきます。
P4290007s.jpg


昼食をはさんで午後からはストリームイン、ストリームアウトの練習。
ポイントを絞りながら繰り返し練習です。

そこそこ形になってきたところで練習終了となりました。
P4290005s.jpg

ご参加いただきましたWさん、Tさん、お手伝いいただきましたSさん
ありがとうございました。

5月5日
翌日のTさんの川デビューの成功を祈願しつつ
外呑み会
P5050004s.jpg

翌日の事を考えあまり遅くならずに就寝です


5月6日
午後から天気が崩れるということで
午前中に川下りを開始

P5060005s.jpg


先日下った時より水量多く、流れも速いのでお手伝いいただいたSさんと私とで川デビューのTさんをはさんで
下っていきます。

前々日まで降った雨のせいで結構川面が変わっていました

なるべく下りやすいルートを選びながら下っていきます。
このコースのいちばんの難所となる
橋の下を無事通過

P5060008s.jpg

ホッとしつつ
川の流れに任せてのんびりと下ります。

時間にして一時間ちょっと
無事に目的の上陸場所に到着

沈もなく初川下りは終了しました。

参加いただいたTさん、お手伝いいただいたSさんありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。