26日(日)

日本海でツーリングを行いました。
まずは先月注文頂いていたM氏の新艇が届いたので進水式を!
お神酒をかけて航海の安全を祈願します。

余ったお神酒は参加者全員の体の中を清めるために使用されました。

一通りお清めが済んだあとは、15km程のツーリングです。

各自昼食を積み込んで出発します。

海は凪いで、太陽にはうっすらと雲がかかり漕いでいて気持ちのいい陽気です。

一時間半くらいで休憩地点に到着、しばし休憩して1.5km先の最終目標地点へ向かいます。

目的地では各々マッタリとくつろぎ、先ほどの休憩地点へ戻り昼食。
途中から顔を出した太陽に体を焼かれながら漕いでいたので、昼食時に呑んだノンアルコールビールが体に染み込みます。

昼食後は海水で体を冷やし、帰路につきました。

ご参加戴いた皆様ありがとうございました。





スポンサーサイト
寒河江工業高校のコンクリートカヌーも先週には完成!
先週末から本格的に練習をした。
場所は同じく寒河江の多目的水面広場

大会では
予選&準決勝が300mの直線
決勝が300mの直線後、ブイをターンして200mの計500mとなるので直線の漕ぎ方とブイのターンが勝敗の決め手となる
P8180005s.jpg

P8180003s.jpg


1日目
まずは基本的な漕ぎ方をマスターし
相性のいいペアを見つけだすことに専念

2日目
いろいろと組み合わせを変えながら
直線のスピードを上げることとまっすぐ進めることを重点に練習

3日目
2日目の延長
なかなかまっすぐに進めることができず、スターンラダーで方向修正するため
トップスピードが犠牲になりタイムが伸びず

4日目(昨日)
相性のいいペアを確定する事が出来たのでそのペアで練習
予選、準決勝、決勝をだれが漕ぐのか確定し、決勝を漕ぐペアにはターンの練習

練習中、山形新聞と読売新聞の記者の方が取材に来てくれ、生徒たちのテンションはMAXに!

F1000005s_20120823150614.jpg


今日の山形新聞に写真付きで割と大きく取り上げてくれていました。
読売さんは明日かな?

今日、艇を積み込み明日大会会場へ向けて出発
明後日土曜日が大会本番です。

限られた短い練習期間ではありましたが、一生懸命に練習してくれました。
本番では全力を出し切ってくれればいいなぁと応援しております!

頑張れ寒工生!


11日~15日まで
日本海由良でシーカヤック体験を行ってきました。

晴天あり、スコールあり、嵐の夜ありでなかなか変化に富んだ5日間となりました。
11,12日は晴天とともにいつものように透明度の高い海を楽しむことができました。
13日は午前中曇り午後から雨が降り始め1時過ぎにはスコールのような雨
1時半ごろには海に流れ込む川から濁流が勢いよく流れこんできました。
見る見るうちに海は茶色く濁り、海岸からは人影が無くなりました。
この日の夜は車にタープを固定し過ごすことに

強い風と横殴りの雨が容赦なく襲ってきます。
翌朝雨はやんでいるものの、風は強く海は荒れています。
茶色に濁った海水は消えることなくとどまっていたので、
この日のカヤックはあきらめ鳥海山の下見に

最終日
透明度が戻りつつある海に出てカヤックツーリングと素潜りを楽しみました。


5日間のうち2日間は使えなかったので残念でしたが、
ご参加いただいた方には喜んでいただけたようなのでよしとしましょう。

まだまだイベントを組んでいきますのでこれからもよろしくお願いいたします。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



8日
先日よりお手伝いさせて戴いている寒河江工業コンクリートカヌー
原型が完成したので、打ちっぱなしのコンクリートにFRPを塗って浮力実験してきました。

場所は寒河江市のご厚意によりオープン前の多目的水面広場カヌー競技場をお借りする事が出来ました。

まずはそ~っと浮かべてみます。

みんなで「おお~!!」
いい感じで浮くではありませんか!

P8080002s.jpg


続いて漕ぎ手に乗ってもらう

P8080004s.jpg


今年の漕ぎ手はみんなカヌーの経験がなく少々不安の様子
「大丈夫だから~」
と言う何の根拠もない慰めを受け漕ぎだして行きました。


P8080006s.jpg

最初の方ではふらついて沈しそうになる場面もありましたが、
予想以上に艇の復元力が高く初めての二人でもギリギリのところで粘ることができます。

これは今回指導しているY先生の設計によるものと確信
漕ぎ手の経験のなさをカバーできるくらいのポテンシャルを秘めた艇が出来上がったようです。
(詳しい仕様はまだ公表できません。ごめんなさい)

P8080009s.jpg

次回までは塗装を施して完成形での練習の予定
先が楽しみです。

去年まで相棒T氏とお手伝いさせて戴いていた山形工業のコンクリートカヌーは
そのままT氏がアドバイザーとして今年もお手伝い
来週に初練習の予定とか。

県内で二つのチームができたことによりお互いに競い合い切磋琢磨して”山形に強豪校あり!”と言われるようになってもらいたいものです。

ちなみに・・・
この日激突数回により船体損傷も3か所くらいでましたが、次回までは問題なく補修できるとのことでした
自作の強みってこういうところに出るんですなぁ。
5日は夏真っ盛りの日本海へ
山形市から3名をお迎えしての海漕ぎです。

朝からジリジリト焼けつくような日差しの中漕ぎだすと、凪っている海面からは
水深5mくらいの海低がはっきりと見えてさながら空中に浮いているような感覚になる。

海水浴場には家族連れなどが色様々なパラソルやタープを張っていて夏本番を感じさせます。




練習後はみんなで冷たいソーメンをほおばって、ちょいと素潜りで遊んで解散となりました。
ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
8月11,12,13,14,15日は
初めての方、初心者の方を対象としたシーカヤック体験を由良海岸付近で行います。
みなさん遊びに来てねぇ~(^.^)/~~~

シーカヤック体験はここをクリック!
例年夏になるとコンクリートカヌーのお手伝いをさせてもらっている。
去年までは山形工業高校だけだったけれど、
今年から我が母校でもある寒河江工業高校も製作しているとのことでお邪魔してきた。

P8010001s.jpg

今年の春
山形工業から移動になったY先生が中心となって製作に励んでいる。
寒河江工業としては今年初めての政策ではあるが、Y先生は山形工業で何度も製作に携わっており、製作面での抜かりはない。

P8010005s.jpg

今現在、モルタルの吹き付けに入っており、来週には表面の凹凸をなくして水上実験を行いたい段取りだ。

P8010008s.jpg

大会前なので詳しい内容はかけないが、今まで見てきたコンクリートカヌーの中で一番戦闘能力は高そうである。
問題は一次安定性がきちんと出せるかどうかといった感じ。
何にしても完成が楽しみである。

がんばれ!寒工生!