2010.03.17 富神山
今日は悪い天気予報のわりに日が差していたので、午後から山形市の西にある富神山に登ってきた。
山頂にあったウンチクが書かれている板によれば、関が原の時、直江兼継がこの山に登って山形城を偵察したが、霞がかかって城は見えず、連続して10日間見たので”十日見山”と呼ばれ富神山になったらしい。
そして、霞がかかっていた山形城は皆さん知っての通り”霞城”と呼ばれるようになった・・・と書いてあった。
登り口は、
西バイパスから県民の森方面へ県道17号を走って山道を少し登ると山王口が有り、更に進むと新道口がある。
駐車場があるのは新道口だけなので、今日は新道口から登って山王口に降りる事にした。
新道口から登り始めるとすぐにブドウ畑があり、ブドウ棚の下を登山道が通っているので秋にはきっと手を伸ばしたくなってしまうだろうと想像しながら登る。
富神山までは、大小3つのアップダウンがあって、各場所そこそこ見晴らしが良いので急がないのであればぜひ尾根を歩いてもらいたい。
体力に自信のない方や子供連れの方は迂回コースがあるのでそちらを歩いてもらえば何の問題も無いはず・・・と言うほど安全で広い登山道である。
新道口からおよそ20分で富神山山頂に到着。
蔵王連邦から舟形山まで一望できる山頂からの眺めはなかなか素晴らしい。
特に午後から登ったので、夕日に映える様は格別だった。
しばし休憩したあと山王口へ降り始める。
常に、20~40度弱くらいの斜度があり、残雪と濡れた赤土とあいまって立ち木につかまらないと下りられないところもあった。
道はほぼ直登コースで山王口近くで少し横に流れる程度である。
距離は短いが、やはり20分くらいかかった。

本当は、ここから県道17号を歩き登って新道口の駐車場へ行く予定だったが、
登り始めてから休憩も入れて50分しか経っておらず、足の筋肉が物足りなさを訴えていたので、
そのままUターンして山王口から山頂を目指し新道口へと戻った。
まぁ、一言で言えばバカである。(笑)
*今回はカメラを忘れて携帯で撮ったのでお見苦しい点がありますが、ご容赦下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soukaitei.blog31.fc2.com/tb.php/11-d153df87