2012.03.27 春はまだまだ
日本列島、場所によってはかなり春めいてきているらしいので
山形での春を探しに山に行ってきた。

小雨ぱらつく中 登山口まで車を走らせる。
標高600m付近の登山口に着くころには、雨は雪に変わってあたりの空気は白く濁っているように見える。

ここはこの冬一番多く登ったコース
雪が降ってからこれで6回目となるが、なかなか飽きずに楽しめるコースだ

1時間ほど登ると風は強くなってくるものの、雪は収まり少しだけ歩きやすい天気になる
(これで太陽が出れば文句ないのだが
途中、一か所だけ沢に落ちそうになる所があるので登る場合は気をつけていただきたい

尾根にとりつくとかなり風は強くなり、地面にある今日降ったであろうサラサラの雪が舞い上がる
3月末だというのに結構寒い

装備は厳冬期と同じ装備なので最初の登りでは汗をかくほど暖かかったが、尾根を歩く分には決して大げさな装備ではないことに気づく

しばらく尾根を歩くと西の空に分厚い雪雲があることに気づく
雲の高さといい、厚さといい「これは来るなぁ」と確信したのでそれ以上先に進むことをあきらめて来た道を引き返した

引き返してから約20分
尾根に出たところまであと数分というところで雪が降り始める
次第に雪は激しさを増し吹雪へと変わる
「真冬とかわんねぇ~なぁ」と思わずつぶやいてしまった

尾根から少し標高を落した風の当たらない雪のくぼみで昼食をとる

お茶を飲み、しばらくまったりしていると吹雪も収まってきた
今回は志半ばで引き返したので、いつもとは違うルートで登山口まで下ってきた

そうそう、今回の本題の「春」は
下山途中で見つけた新しく芽吹いた木々に見ることができた
あれだけの吹雪がいまだ吹き付ける中、確実に植物は春を迎える準備を行っていたわけだ
あとひと月もすれば一斉に眩い緑が山肌を占領するのは間違いないだろう


スノーシューを履いて本来の登山道にこだわらず山登りできるのはあとわずか・・・
悔いのないように楽しみたい


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soukaitei.blog31.fc2.com/tb.php/135-5919c006