上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界中がオリンピックで熱くなっているさなか、
山形でも中学生による熱い戦いが繰り広げられました。

場所は月山湖カヌー競技場
27,28,29日の3日間、北は青森から南は鹿児島まで、
総勢270名の選手とその父兄、関係者
100名を超える大会役員と競技役員、お手伝いの高校生が大会を支え盛り上げました。





勝って雄たけびを上げるもの
ゴール後に満面の笑みを見せるもの
ゴール前に沈して涙するもの

この大会にかける思いと、今まで練習で流した汗と涙、お世話になった人達
様々なものが交錯して選手にいろいろな表情をもたらしています。

カヌーに対して真摯に取り組む姿は私たちに感動を与え、
それを支えるコーチ、父兄の応援もまた心に響くものでした。

今回静水スラロームの競技役員としてお手伝いさせていただきましたが、
カヌーに対する熱い思いを見てこちらが勉強させて戴いた気分です。


会場では各カヌー協会で活躍しているコーチ陣の中に
公認指導員、公認コーチの同窓生が数人来ていてさながら同窓会に。
数年ぶりの再会を懐かしむと同時に
各チームでの活躍をみることができて自分にとってもいい刺激になりました。


各競技の表彰の後
将来、今回の参加者からオリンピックで活躍ル選手が出てくることを願い
JOCより特別賞も授与され大会が終了しました。


参加された選手を始め、父兄及び関係者の方々
大会を支えてくれた中央、および地元の役員、お手伝いの方々
本当にお疲れさまでした。



*最後の写真は大会終了後に納涼水上散歩をした写真です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soukaitei.blog31.fc2.com/tb.php/154-19fc123c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。