上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.09.24 炭焼き講習会
21日~24日までの4日間
東沢公民館主催の炭焼き講習会に参加してきました。

ふだん、キャンプやBBQなどで良くお世話になっている”炭”
されど意外と知らない炭の作り方。

この際、炭のスペシャリストを目指してやろうと真面目に真面目に受講してまいりました。

まずは、木を伐採します。
今回作るのはナラ炭なので、とうぜんナラの木を倒しました。
そして、枝打ちをして丸太にします。

続いて、丸太をチェーンソーで炭焼き釜の高さ(120cmくらい)と同じ長さにカットします。
直径十センチ以上の丸太は楔と斧を使って割り、太さを整えます。

大きさのそろった木を釜の中に縦にして詰めていきます。
間隔はわりかしギュッとつめますが、あまり詰め過ぎると火の通りが悪くなり良くないようです。

入り口の所に火をつけます。
どんどん燃やして、煙突から出る煙の温度が85度になったら入り口を閉めて空気の入る量を調整します。
(ここが一番難しいらしい)

24時間後に炭を取り出し、”すばい”と言う水分を含んだ灰と土の混合物のような物をかけて火を消します。

火が消えたら、ふるいにかけてすばいを落とし、炭だけを取り出します。

以上で炭(白炭)の完成です。

炭を釜から出さずに火を消して、釜がさめてから取り出すと黒炭になるようです。
詳しい事ヶ知りたい方はまたこんどね!ちょっと書き切れませんので

木酢液と炭をお土産に貰って、芋煮を食べて講習会は終わりました。

ご一緒させていただいた皆様、ありがとうございました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soukaitei.blog31.fc2.com/tb.php/49-aeb75233
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。