上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.12 旭日双光章
去年の秋、我が山形県カヌー協会の理事長である加藤 優氏が旭日双光章を受章した。
その受章を祝う会が昨日、寒河江のシンフォニーアネックスホテルで行われたので出席してきた。

加藤理事長ご夫妻
P2116790s.jpg

来賓は日本カヌー連盟会長の国会議員、福田康夫氏を初めカヌー連盟のお偉いさんや、近隣の各県カヌー協会の理事長さんなどそうそうたる人が集まった。

挨拶する福田康夫氏
P2116793s.jpg


加藤理事長は元カヌー連盟理事であり、(いまは諸事情があって理事待遇になっている)山形県のみならず、日本のカヌーの普及にも大きく貢献された方でもある。

福田氏の挨拶でもあったが、カヌー競技だけで勲章を貰うと言うことは並大抵のことではないと言うこと。
それを考えれば加藤氏のカヌー会に残した功績も並大抵のことではないと言うことになる。

実際、カヌー競技などほとんど普及していなかった山形県に国体が開催されると言うことで、カヌー協会を設立。
カヌーコースの整備から、選手の育成と、選手の為の艇や用具の手配、指導者の手配など全てにわたって尽力いただいたとの事だった。

加藤氏無くしては今の”カヌー強剛県 山形”は存在し得なかっただろう。

これからも山形県いや、日本のカヌーの普及と強化のためにご尽力を頂ける事を願ってやまない。
お体に気をつけて、末永くよろしくお願いします。

ご本人にとっては嬉しくも、とっても疲れるパーティーになったと思いますが、県内外のカヌー関係者が一同に会し相互にコミュニケーションをとって、今後の協力を誓えたことは大変異議のあるものになりました。

ご一緒させていただいた皆様、これからも漕快亭とカヌースポ少Jondaをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://soukaitei.blog31.fc2.com/tb.php/66-f04bd249
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。