上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.25 萌明幼児館
15,16,17日と神奈川県にある、萌明幼児館(ほうめいようじかん)さんにお邪魔してきました。
3年ほど前に御岳で練習風景を見てからとても気になっていました。
独自のオリジナリティーが高い教育方針で、子供達に生きていく上で必要なことを教えておられます。
今回見学させて頂く機会をもらい、今回の運びとなりました。

DSCN3134as.jpg
写真は幼児館主宰の海淵之朗さんと娘さんの萌ちゃん

「知識より、体全体で自然を受け止めて感じる力を大事にしたい。子供時代にしか育たない感性がきっとある。」
「バケツ一杯の水で子供は死ぬ、だから水場は危ないと言う考え方もあるけれど、その程度の水で死んでしまうような子供に育つことの方が危険」

そんなメッセージが海渕さんの信念なのだろう。

MTBランに同行させてもらう。
小学生から高校生まで同じコースを同じように登っていく。葉
当然、高校生は先に行ってしまい、見えなくなる。
坂がきつくなると小学生は自転車降りて引っ張りながら歩く。

しばらくするとゴールした年上の子供達が応援に降りてきた。
「がんばれ!」と声をかけるが、手は貸さない。
DSCN3126ss.jpg

これが萌明流。

山の上まで登ってみんなで休憩。
DSCN3137as.jpg

休憩中には同じ萌明育ちの高校生が大学に受かった報告がされたり、それをみんなで祝ったりひとつのファミリーのようにほほえましい。

休憩のあとは自転車でゲーム
DSCN3151ss.jpg

子供達の笑顔が素晴らしい。
DSCN3190as.jpg

何を教わるでもなく終わりましたが、萌明さんの空気感というか、海淵ワールドというか、そういうものに触れながら同じ時間を共有できたことは私にとって素晴らしい経験になりました。
海淵さんをはじめ、お世話になった方々、本当にありがとうございました。

☆転ばぬ先の杖も必要かもしれないけど、転んで痛みを知ることもある。危険は遠ざけるのではなく付き合い方を教えた方がいい☆

心に沁みました。

DSCN3141ss.jpg
10月19日
月山に雪が積もり始める中、グリバーさがえでコスモス祭りを開催しました。

DSCN2838s.jpg

今回の目玉は写生大会

DSCN2794s.jpg

メルヘン号での園内散策

DSCN2837s.jpg

水上バイクで引っ張るラフトボート体験

DSCN2817s.jpg

いずれも無料で楽しんで頂きました。


そして写生大会参加者にはコスモス畑を見ながら薪釜ピザを味わって頂きました。

DSCN2821s.jpg

DSCN2823s.jpg

天気もよく、暖かかったのでちびっ子からお年寄りまでたくさんの人が遊びに来てくれました。

DSCN2813s.jpg

御来園いただいた皆様。お手伝い頂いた皆様。ありがとうございました。
昨日はグリバーさがえにて
PWCレスキュー講習会の1日目が開催されました。

県内の消防さんから約30名のご参加を頂き大盛況!

DSCN1708as_20130802105626d2b.jpg

PWC(水上バイク)に救助用のスレッドをつけてドライバーとレスキュアーとで要救助者を救助する訓練などをしました。

DSCN1716as.jpg

今回ご協力いただいたのは一般社団法人ウォーターリスクマネジメント様

大変有意義な講習会をありがとうございました。
5日はさらに難易度の高いレスキュー法やグループレスキューなどを学ぶ予定。
興味のある方はご連絡ください。

26日(日曜日)
晴天の中、私たちが管理させて頂いている最上川寒河江緑地で水上バイクのタイムトライアルレース
”S-1グランプリ”が行われた。
ブイで作られた国際規格のコース回って時も間を競うタイムトライアルレース。
排気量などでカテゴリーが分けられそれぞれに熱いバトルを繰り広げていた。





昨日は
寒河江工業のコンクリートカヌー初練習。
去年の艇とウッドとFRPで作った今年の1/1モデルの2艇を持ち込み、恐る恐る初乗りを経験した。

1369729561657s.jpg

のっけから初沈を披露してくれ笑いを誘っている
1369730654799s.jpg

沈した人、しない人それぞれにカヌーの楽しさを満喫してもらえたようだ。
最後に全国大会優勝を誓い、今後の練習へ意欲を見せてくれました。
12日
最上川下りをしてきた。
天気は良いが、風強く微妙なコンディション
今年一発目の川下りということで初心者コースをチョイス
スタート地点に行くと水量が多くびっくりする。
漕ぎ始めると流速の速さに気づく

DSC_0012s.jpg


川全体が流れているので、エディらしいものは皆無
沈脱したら上陸できそうなところもほとんどない

夏場楽しめる瀬もあふれる様な水量につぶれてしまっている

DSC_0014s.jpg

ほとりに咲く桜がこころをなごましてくれるものの、あちこちで湧き上がるボイルに注意を払いながら下っていく
12kmほどを45分で下ってしまった
川の流速が時速8~10kmくらいあるのだろう
あっという間の川下りでした

倒木などの危険物もあり、エディもないので初心者の方はもう少し水量が落ちるのを待ちましょう

さて、本日は
50年ぶりの秘仏御開帳に沸く山寺、立石寺へ

DSCN1172s.jpg

本道前の塔婆に結びついている七色の紐は秘仏の指につながっていて、
中に入らない参拝者も仏様にすがれるって寸法だ

秘仏だけでなく本堂、奥の院、その他の仏様も撮影禁止らしく残念ながらお見せできません
変わりに参道にに鎮座していたお地蔵様をどうぞ!

DSCN1198s_20130513193015.jpg

DSCN1201s_20130513193014.jpg

秘仏のお参りを済ませて
奥の院を目指す

途中の仁王門
DSCN1176s.jpg

仁王門の横には花が

DSCN1192s_20130513193015.jpg

切り立った岩山にさまざまなお堂が存在します

DSCN1184s_20130513193017.jpg

DSCN1190s_20130513193016.jpg

山の上は今が桜の時期

DSCN1178s.jpg

最後に紅葉川渓谷のせせらぎに癒されて帰りました

DSCN1170s.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。